Beyond Kids Lesson

[2019年] 子供の頃から英会話を始めるべき理由と注意点4選

子供の頃から英会話を始めるべき理由と注意点4選

子供の頃から英語学習や英会話を始めることの意味とは?子供に英語を学ぶ機会は与えるべき?この類の議論は枚挙に遑がありません。それと同時に、子供の英語学習についての誤解が罷り通っているのも事実。そこで今回は、子供に英語を学ぶための、そして英会話の環境を与えることについて、大人が知っておきべきポイントをわかりやすくご紹介したいと思います。

1 子供の頃から英語に親しむことでストレスが無くなる

突然ですが、あなたは…英語が得意ですか?「自分が苦手だからこそ、子供にはそんな苦労をさせたくない」という思いで、子供の頃から英語に触れる環境を作ってあげようという方もいるでしょう。振り返ってみてください。そもそも何がきっかけで英語が苦手になったのでしょうか?英語に出会った瞬間から苦手意識があったのではないでしょうか?英語との出会いは「学校でのお勉強」ではありませんか?

これこそが大事なポイントです。英語との出会いの瞬間に、その第一印象が子供にすり込まれて、結果的に子供が英語を好きになるか嫌いになるかが、これに大きく左右されるのです。だからこそ、子供と英語との最初の接点は慎重に選びましょう。年々、日本の英語教育は改善されていますが、いまだに完璧とは言えないのが現状です。世界的な英語教育と比べると、そのカリキュラムも全体的な学習法も全て遅れていると言わざるを得ません。

そんな学校での授業が、あなたの子供にとっての最初の英語との出会いの場だったらどうでしょうか?未だに日本の教育形態は暗記に重点を置いています。「とにかくこのフレーズを覚えなさい」といって提示される英語に愛着が湧くでしょうか?望みは薄いでしょう。代わりに、子供に楽しく英語と触れ合うことのできる環境を早いうちに提供してあげるのが最善の方法でではないでしょうか。

2 子供の頃から英語で理解できる仕組みを作ってあげよう

大人になって英語を学び始めることと子供のころから学び始める事で問題はあるのでしょうか?もちろん何歳になっても言語学習に遅すぎることはありません。これは揺るぎない事実です。しかし子供の頃から学ぶことに比べると、どうしてもある程度の苦労は乗り越える必要があります。その中の一つが英語の捉え方の違いです。私たちは日本語を話しながら数十年の人生を歩んできました。同僚と会話をするのも、お店で品物を選ぶのも、頭の中で独り言をつぶやくのも全て日本語です。そしていざ、英語を話そうとすると、どうしても先に日本語で文章を構成して、単語ごとに翻訳して、並べ替えて、文法の誤りがないか最終チェックをして…という冗長なプロセスを経る。これが問題です。

このままでは、スムーズな英会話はできません。英会話は日本語から英語への翻訳ではありません。理想は、「英語で考えて英語で会話する」こと。一方で子供の頃から英会話を始めると、日本語から翻訳するという面倒なプロセスが構築されることはありません。例えば、キリンの絵を見た時に「あ、これはキリンだ…英語では何だっけ?…そうか、ジラフか」とはならず、英語の思考回路を辿って一瞬で「ジラフ/Giraffe」が頭に浮かぶのです。この反射神経とも言える思考の流れが重要です。これは大人が習得しようとすると非常に長い期間がかかります。しかし子供の頃から英語で考える脳を構築してしまえば、その後の学習が楽になることは言うまでもありません。

3 日本もついに子供が英語を学ぶ時代にシフト?

ここまで、「日本は英語教育が遅れている」と話してきましたが、これは過渡期にあります。事実、2020年から、小学校高学年における英語の授業が必須科目に。これは大きな変化です。さらに、今までの(実際に使うかもわからない不自然な文章を)暗記するシステムから逸脱し、スピーキングやリスニングに重点が置かれるとのことです。

今後は、歴史、国語、算数といった基本的な科目と英語が肩を並べることになります。そんな中で、子を持つ親ができること…それは、早めに対策を講じることに他なりません。英語の授業が当たり前になっていく中で、当然、それに苦手意識を感じて、授業の流れに乗り遅れて、試験では低い点数しか取れず…という悪循環に陥る子供も増えてくるでしょう。だからこそ、今のうちから、早めに「英語を得意にする」ための環境を子供に用意してあげるべきです。中学受験、高校受験、大学受験といった「強制的に勉強しなければいけない状況」で英語の学習に苦痛を感じるお子様をご想像ください。「英語=お勉強」というイメージが定着してしまったら、そこから後戻りするのは非常に困難です。だからこそ、最初に「英語=楽しい、便利なスキル」というイメージの定着をサポートしましょう。このために活用できるのが子供への英語教授に高い経験とスキルを持つ英会話教室です。

4 子供のために少人数制の英会話教室を選ぼう

続いて、子供向けの英会話教室を選ぶ際に注意すべきポイントにも触れておきましょう。前述の通り、多くの場合、英会話教室は(特段、親御さんがネイティブであるなどの場合をのぞいて)子供と英語との出会いの場となるので、これが今後の人生における英語に対する印象を左右するとお考えください。ですから慎重に英会話教室を選ぶことが重要です。その際に大事な指針が少人数制です。大きなクラスですと、どうしても、「疑問点が解消されずに気持ちの悪いまま授業が進んでいく」という葛藤を抱える子供が増えてしまいます。一方で少人数制であれば、それぞれの子供のニーズにまで気を配ることができ、途中で「もうわからない、いいや」「周りについていけない、英語は嫌いだ」というドロップアウトを避けることができるのです。ひとたび「英語はもうダメだ」となってしまうと、当然、学校での英語の授業にも意欲がわかず英会話教室に通ったことが逆効果にすらなってしまいます。ですので、英会話教室を選ぶ際には、必ずきめ細かなサポートの整った少人数制を選ぶことをおすすめ致します。

仙台子供英会話ビヨンドキッズでは、お子様お一人お一人のニーズにあわせて「わからない」を徹底的に解決して、皆で楽しく英語学習を進めていくことをモットーとしています。中途半端かつ表層的な授業は絶対にしたくない。全てのお子様に英語の本当の楽しさを実感してもらいたい。そんな強い思いから少人数制、オーダーメイド制というスタイルを採用しています。仙台でお子様の英会話教室をお探しであれば、まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

体験レッスンはいつでも可能です。

To Top